07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

はやぶさ 





明け方の空の色が怖いくらいの赤で、9.11や、終戦記念日を思い出したりしていた。それから7年ぶりの帰還を知り、今、この一行を書いている。一生にこんな日は何度あるのか。私の拙い言葉なんて、彼の生き様を語るにはほど遠い。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: --

My Soul, Your Beats! 

tenshi.jpg

空の下でピアノを弾く少女。……に、鳥肌。久しぶりに二次元の女の子に本気で一目惚れしました……最近ようやっと耐性がついてきたけど、出遭った当初はモニターに触れるたびに胸が裂けそうだった。麻枝准さんのピアノとストリングスの入れ方がとても好きです。公式サイトはこちら。

[edit]

trackback: -- | comment: --

漆黒の王子 

shikkokunoouji.jpg

カタルシス、という言葉を思いだす。いや、しかしこの本を読んでも、正直カタルシスは得られないと思いますが……むしろ心が重くなるというか。ただ、敬愛してやまない初野さんが、この作品を「書いた」ことで、なんらかの澱から解放され、一皮剥けたのは間違いないのでしょう。この作品先にありきで、後の『1/2の騎士』などに繋がっていったのだと思うと、ものすごく腑に落ちる。
-- 続きを読む --

[edit]

trackback: -- | comment: --

長谷川等伯展 

kyotokokuritsu.jpg

ご無沙汰しております、一鷹です。果たしてこんな不定期更新ブログを、誰が見てくださっているのかはわかりませんが……いつもありがとうございます。さて、少し近況など。先日、仕事の合間を縫って、京都国立博物館に行ってきました。
-- 続きを読む --

[edit]

trackback: -- | comment: --

トワイライト・ミュージアム 

twilight.jpg

……最近はもっぱら初野晴さんにハマッています。他の方の著書も読んでいるのですが、なんだろう、世界観やモチーフが、個人的にストライクすぎて。たぶん、辻村深月さん以来のヒット。
-- 続きを読む --

[edit]

trackback: -- | comment: --

水の時計 

mizunotokei.jpg

読み終えてしばらく、嗚咽が止まらなかった。いつも、どんなお話を読んでも、泣いても、解説やあとがきのページに入ればスッと収まるのに、今回ばかりは、本を閉じてもダメだった。止まらなかった。慟哭、という言葉の意味を久しぶりに思い出した。今も、書きながら手が震える。
-- 続きを読む --

[edit]

trackback: -- | comment: --

ボトルネック 

bottleneck.jpg

いつか感想を書こうと心に誓っていた一冊。ここ数ヶ月で読んだ欝エンド・ミステリーの中では、断トツに面白かったです。読み終えた瞬間の後味の悪さ、完膚なきまでの救いのなさも含め、なぜだろう、爽快でした。
-- 続きを読む --

[edit]

trackback: -- | comment: --

ラスト・ゴッドファーザー 

olmeta.jpg

『ラスト・ゴッドファーザー』。その名もそのまま、アメリカン・マフィアの実録書です。
-- 続きを読む --

[edit]

trackback: -- | comment: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。