09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

理由とか 

「これをやってはいけません」って言われたら、「なんで?」って思う。一番最初に。駄目って言われたら押し通したくなるし、立入禁止って書かれてたら、とりあえず入ってみる。のは、もうずーっと昔からの性分なんだけど。


想像力が足りなかったなぁ……なんであと一歩、立ち止まって、「逆の立場だったら」って思えなかったんだろう。

「この人に会っちゃダメ」。本人に会いたくないって言われたら納得するけど、なんで周りに止められなきゃいけないのか。だから、ごく当然のように大丈夫だろうって。考えが足りなかった。今回は猛省した。なるほどダメなことにはちゃんと理由がある。それを事前に想像することも大事なんだ。痛い目を見る、のは勝手だけど、人を巻きこむのは違う。

偶然読んでいた本に、「プロの方に叱られ、怒鳴られて学んでいき、自信をつけていくしか手はない」と書かれていて、それは舞台監督の話だったんだけど。本当にその通りだなって。怪我をさせてからじゃ遅い。あー……良かれと勇気を振り絞ったら完全に裏目に出た、けど、ちゃんと怒ってくれる人でよかった。

……って、やっと思えるようになった。「その人がどういう人か知りたければ、その人が何に怒るかを知れ」。言いえて妙だ。こういうことに怒るんだ、そっかプロなんだ、って。知ってるつもりだったけど、やっぱり感情を剥き出しに叩きつけられると、全然違う。すごく痛い。でも納得した。

当人には申し訳ないことをしてしまったけど、皮肉にも自分の中ではすとんと整理がついた。信じて待つ、とか胡散臭い表現だけど、でもそれをしても大丈夫なんだなって、今さらながら。本当に今さら。疑心暗鬼も大概にしろよって自分に呆れるけど、色んな人がスペシャリストとして関わってるんだって、また痛感した。もう何度目だろう。

でもやっぱりちょっとだけ悔しい。出来ることは全部したんだけどな。暗躍するのは良かれ悪かれだろうけど、顔が見えないって苦しいよ。なんで今、って聞かれたら、今までかかったからとしか答えようがない。てきとうに過ごしてた訳じゃなく、全速力で走って、辿りついたら今だった。遅すぎた。

自分の力が及ばなかった。今できる精一杯だった。でも「頑張ったから」とか通じる世界じゃない。そんな中学生みたいな言い訳。だからここで反省するくらいしかできない。人を信じるのは大事だと思うのと同じくらい、一番大事なことを人任せにしてはいけないとも思う。なんだか、なんとなく、取り返しのつかないような気がする。

------

▼1月31日追記
闇雲に反省するのが良いわけでもないと気づく。上記の部分は確かに自分が悪かったけど、創作物に嘘はつけない。『何もしないで』70になる可能性を放置するのと、『何かして』40もしくは90になる可能性があったら、どっちに賭けるか。

[edit]

trackback: -- | comment: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。