07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

平常運行に戻したい。 

強がっても多少窮屈というか、書きづらくはなりますね……1週間経って、ようやっとアクセス数が平時の100倍くらいに下がってきました。今2000人/日くらい。

一時期は精神擦り切れるかと思ったけど、ちゃんと食べて寝てます。仲間に感謝ですね。直後は笑顔でいようと必死だったけど、やっと凹んだり苛立つ余裕が出てきました。こう……そこまで望むのは我侭かもしれないけど、あの手のまとめサイトは起爆記事だけじゃなくて、その後のフォローまでUPしてくれたらいいのになぁ。ちゃんと悪いと感じたところは謝ってるのにぃーっ! 仕方ないか……保身のために書いたのでもないのだし。

久しぶりに『トポロジー』のキャラクターページを更新したのでお知らせしておきます。こうなったら、したたかに現状利用するより他にないですね。後で振り返ったら「結果オーライだったね」って笑えるように頑張ろう。コミティアも近づいてきて、そろそろ頻繁に記事更新する余裕はなくなってくると思います。

ので、いくつか出回ってる嘘情報を潰しておきます。これでこのことに触れるのは最後にしたいと思います ※6月1日、ギョッとするような虚偽を発見したため、以下に一部追記しております。


情報起業していたのは事実です。というか、情報起業=犯罪って発想はどうなんだ……解らないではないけど。私自身、体調が最悪だったのと、セールスレターに嫌気がさしてやめたので。当時(6年前。よく掘り起こしたと逆に感心するよ……)は電子書籍という概念がほぼ無かったので、pdfデータを販売しようと思ったら情報商材のASPを利用するしかありませんでした。

って書くと言い訳くさいので正直に告白すると、半分くらいは「面白そうだったから」試してみた節が大きいです。「出版社を通さなくても活字データを販売できる」、「印税にくらべて圧倒的に利率が大きい」、「在庫リスクがない」のが魅力でした。あとは危ない橋を見るととりあえず渡りたくなる性分でしょうか。

コンテンツを充実させるなんていうのは最低ラインだと思っていたので、そこで物怖じする必要はないと感じていました。詐欺まがいの情報が氾濫する中、たぶん唯一といってもいいくらいマトモで面白いものを売っていたと自負しています。

だから余力があればリライトして復刊したいんだよな……図らずも認知広まったし。せっかく電子書籍の波が来てるし、蓋を開ければ詐欺かどうかは一目瞭然なので。というか、電子書籍ではないけど既にオーディオブックの出演依頼は頂いていて、ほぼ決まっています。そのときに話しても良かったんだけど、

ゲーム企画書サンプル×2
履歴書サンプル×2
職務経歴書サンプル×2
ゲーム会社108社の企業情報(社外秘ではなく、この会社がオススメ的PickUp)
ガントチャートの書き方
シナリオの切り方(小論文、序破急、QUESTその他)
仕様書作成に必要なWord、Excelの使い方
その他プランナーに必要な基本とか就職指南
(約40万字。当時の私の年間執筆量の約3分の1ですよ。どんだけ真剣に書いてたか……)
メールサポート「半年間」無制限(ユー●ャンですら制限あって3万円はします)
実際に会って添削するサービス(24時間拘束自由。午前5時までシナリオ添削とかも付き合いました、我ながら献身的だったと思うんですけどね……)
直接添削した子の第一志望合格率90%以上

で、1万5000円でした。念のため要約しますね? 「半年間」のサポートと「24時間拘束自由の直接添削指導」と「40万字」のテキストと「合格率90%以上(合格実績SEGA、バンナム、コーエー他)」+α(前記の特典全て)で1万5000円でした。

加えて、成果が出なかったらとかいう曖昧な基準ではなく、「テキストを読んで私の口調がムカツクなど、何か1点でも気に入らない点があれば、1年間以内であれば全額返金します」という保証を付けていました。つまり、当時を振り返って私を「詐欺師」と呼んでいる人たちは、

・ 実際に私の作ったコンテンツに触れたことはないけれど、業界全体が詐欺っぽかったから、きっとコイツも同類だろうとカンで決め付け「詐欺師」と罵っている。
・ 返金保証があったにも関わらず、自己判断でしなかったのにぼったくりと責任転嫁している。

の、いずれかということになります。ただ、それを抜きにしても煽り文句のように見えてしまう書き方をしていた点については認めますし、そこは反省しています。前記の通り、誰より私自身が嫌気がさしてやめたので。それこそ情報起業の「業界」にうんざりして足を洗ったので、ってちゃんと書いたはずなのですが、

▼【6月1日加筆】
恐ろしい事に私を装った別人が存在していたのですね……(http://harakazutaka.ldblog.jp/)、それは捻じ曲がった方向に意図が散布しても無理ないですね……。

未練はまったく無いのですが、蓋を開けて読んだ人からは賞賛の声しか来ていません。というかだって、デジタルハリウッド大学に呼んで頂いて登壇したのってこれがきっかけですよ? 私を揶揄している方々は、つまり文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞された飯田和敏さんの見る目が節穴だったと言ってるようなものなのですが、

「調べた」と自称している人たちは、そういうところまでちゃんと調べたのでしょうか?

……書いてて空しくなってきた。なんでこんな6年も前のことわざわざ説明せなならんのか……あ。

説明といえばもう1個。S社をバイトで辞めてる、のは勝手な憶測です。バイト飛び級で契約社員になってから辞めました。辞めた理由は、個人的に(あくまで個人的に)興味のそそられないプロジェクトに2年も縛られるのは機会費用損失だと思ったからです。

あとは……うーん。よく「なんで?」って聞かれるのですが、半年っていうのを一つのルールにしているからです。半年試して肌に合わないと思ったら次へ行く、その代わり半年で全力で叩きこむこと、って。早稲田を辞めたのも、親が死んだのもありますが、半分は自分ルールに則ったまでです。なので可哀相と思われるのは、ちょっと……心外というか。

てか、過去のこととかどうでもよくないか!orz ネットを活用して生きてると最低限、自分の身は自分で守る必要があるというのが心苦しいです……なんだかなぁ。

▼【6月2日追記】:
下田さんとは二言くらいしか口を利いたことがありません。なので、私は彼については反論(?)しようにも意図が見えかねてできません、嫌うほどの情報を知らないので。逆も然りだと思っていたのですが、不思議なこともあるものですね……。

すみません! 下田さんはどうやらTwitter? の中で反省ツイートみたいなものをしてくださっていたのですね? 直接の謝罪が一度も無かったので知らなかったのですが。であればもう十分です、失礼しました。

※くれぐれも誤情報を流した方を、無闇に特定したり責め立てたり晒したりしないようお願い致します。

[edit]

trackback: -- | comment: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。